業務内容

Business Outlines

私たちの生活に必要不可欠である物資を、海を渡って運び続けている重要な存在こそが船舶です。この船舶の安全な運航が、人々のビジネスや生活を支えています。
私たちは安全に責任とプライドを持ち、世界標準のサービスを提供しています。

船舶管理業務

船舶保有者である船主が委託し、管理を実施する船舶管理会社が受託する業務委託契約の一種である管理契約に基づいて遂行され、以下3つの分野で構成されています。

保守

船舶の構造躯体のみならず推進装置、エンジン、発電機などの搭載されているあらゆる機器が常に正常に作動するよう保守し、不具合が生じた場合は補修を行っています。また、必要な部品・資機材の調達や据付に責任を負担。これらの責任を全うする為、船舶管理会社は当該船舶を担当する技術監督を割り当てています。

運航

国際ルールに適合した資格を有する船員を採用し、育成・トレーニングした後に船主の指示のもと、本船に配乗させ、国際ルールに則って安全に運航する全責任を負っています。これらの責任を全うする為、船舶管理会社は当該船舶を担当する海務監督を割り当てています。

船費

保守や運航を実施する為には、船員給与、潤滑油、資機材等、年間多額の運航費用(船費)が必要となります。当社は業務委託者である船主に代わり、船費年間予算を作成し船主の承認を得た後Fundと言う形で必要資金を預かり、予算を執行。定期的に船主に予算や実績報告を実施しています。

船舶管理業務実績(船型別)
バルクキャリアー
: ハンディサイズからケープサイズまで多種を管理させて頂いております。
油槽船
: MR、LR-I、II、Aframax、VLCC。オイルメジャー各社より定評を頂いております。
ケミカルタンカー
: 2014年にケミカルタンカー管理DOCを取得し、プロダクト・ケミカルタンカーの実績を伸ばしております。
PCC/PCTC
: 長年の経験(1970年開始)から得たノウハウは高い管理品質をお約束します。
LPG船
: 2010年よりLVGCの管理を開始しました。
WCC
: 会社創設(1974年)以来続くWCCの管理経験はPCCと並ぶ専用船分野で揺るぎないものです。

配乗業務

船員配乗業務は、船舶管理会社が委託し、船員配乗を実施するマンニング会社(船員派遣会社)が受託するマンニング契約に基づいて遂行されます。
現在、グループのマンニング会社として、フィリピン・マニラに3 社、インド・ムンバイに1社を運営しており、国際ルールに適合した優秀な船員を配乗しています。配乗前には、自社のトレーニングシステムにより乗船に必要な技能・知識の確認トレーニングを実施。また、休暇中の船員に対して定期的なスキルアップのトレーニングを積極的に行っています。さらに、Cadet育成プログラムを推進し、将来の幹部候補生の育成及び継続的な船員プールの確保を図っています。
船員配乗は、当社以外の船舶管理会社からも積極的に受託し、各船舶管理会社のご要望に合せた船員を派遣することが可能です。

建造監督コンサルタント業務

当事業は船舶建造の発注者が委託し、当社が受託する業務委託契約に基づいています。船舶が建造される造船所に建造監督を派遣し、当該船舶が仕様通りに建造されているかどうかを発注者の代理として監督しています。また、船舶が建造される前に、合意された仕様通りに図面が作成されているか、発注者を代理してチェックし、必要に応じて造船所などに設計の変更などを提案します。